葬式に関するノウハウ|仕組みについて知っておこう

香典袋に入れる金額は

関係の深さで金額も変わる

大東市では、葬式に包む香典の金額に悩む人もいるかもしれません。近所や軽い付き合い程度の人なら3〜5千円程度包めばいいでしょう。友人や知人なら5千円から1万円円程度の金額が一般的です。親戚の場合は1〜3万円程度で、兄弟の場合は3〜5万円程度の金額となります。しかしこれはあくまでも目安で、年齢や社会的立場、付き合いの深さなどで金額も異なってくるのです。また、大東市では遺族が香典返しをする際には、金額の半分程度の品物などを送るのが常識です。金額が多い場合には3分の1程度のお返しでもよいでしょう。葬式で香典を渡すのは通夜や告別式の時に限られており、受付が用意されているのでそこで渡します。都合で葬式に参列できないときは郵送で香典を送っても構いません。その場合は不祝儀袋にいれた香典に、お悔やみの言葉を添えて現金書留で送ります。大東市では仏式の葬式の場合は香典袋に御霊前と書くのが一般的です。一方、神式の場合は玉串料や御神前と書きます。またキリスト教式の場合はお花料と書いて渡します。この場合の香典袋は十字架や百合の花などが印刷されているものが望ましいです。仏式や神式では水引のついた香典袋を使用しますが、金額が低い場合は水引が印刷された簡易香典袋を使用しても構いません。高額な場合は正式な水引が付いたものを使用します。大東市では香典袋の中に入れるお札は新札を避けることが常識です。新札しかない場合は折り目を入れてから香典袋に入れましょう。

意思を尊重する

大東市で葬式をあげる時に、どのような式にすればいいのか悩む人は少なくないと言われています。それというのも葬式にはいくつかの種類があり、その選択が難しいからなのです。大東市の葬式で、古くから最も多く選ばれてきたのが一般葬です。一般葬とは、遺族や親戚の他、友人や知人、大東市の自宅周辺の隣人や職場関係等、人間関係や社会関係で縁のあった人に知らせて参列してもらう従来からある葬式です。一般葬は、故人と縁のあった多くの人が参列することで、それぞれにお別れをすることができます。そのため、参列者の心の区切りがつけやすいという特徴があるのです。ただし、遺族は式の準備や時間に追われ、故人とゆっくりお別れできない等、負担がかりやすいことが指摘されています。また、葬式の規模が大きくなることで費用も大きくなりやすいのです。ここ大東市で、最近よく選ばれているのが家族葬という葬式の形です。家族葬は、その字の如く家族である遺族のみで行う葬式です。なお、家族葬は基本は遺族のみですが、少数のごく親しい友人や親戚に参列してもらうことも少なくないと言われています。現代は核家族化が進み、ここ大東市でも普段あまり会うことがない親戚や知人にまでわざわざ葬式に参列してもらうことは控えようと考える遺族が多いため、家族葬を選ぶ人が増えてきているのです。家族葬は身内のみの葬式とあって、故人とゆっくりお別れができ、費用的な負担も軽くすることができるというのが大きな特徴です。ただし、故人の友人や知人、遠い親戚等が式に参列できなかったことで、後に不満や苦情を訴えてくることがあるのです。葬式は、見送る人の思いを考えて最適な形を選ぶことが大切です。

参加できない場合

式場

大東市で葬式が行われる時に参加できない場合は、どのように断れば良いのでしょうか。一般的に葬式は、結婚式などよりも優先される事柄です。故人との最後の別れにもなりますから、よほど重要な用事がない限りは基本的に参加することがマナーとなっています。しかし、葬式は計画的に予定されて行われるということはありません。なので、仕事の都合でやむを得ず参加できなくなってしまうこともあるでしょう。このように、どうしても参加できない場合は失礼のないような断り方をするべきです。「諸事情で」「やむを得ない事情によって」などの理由でお断りを入れると良いでしょう。お断りの入れ方は、電話やメール、手紙でも構いません。また、葬式に参加する知人などに、代理で香典を頼み、別日に改めてお線香をあげに行くのも良いでしょう。また、大東市で行われる葬式は様々な形式があります。お通夜や告別式に関しても、誰を呼ぶかなどは故人の遺志や遺族の意向によって変わってきます。例えば、大東市では、お通夜は身内だけで行い、告別式は仕事関係や友人、そして知り合いなどに参加してもらうという形式を取ることがあります。なので、告別式に参加できないからお通夜に参加しようと考えても、逆にそれが失礼になることがあります。また、声がかかっていない葬式に参加することも失礼になります。基本的に、声がかかっていない葬式の場合は、参加する旨を伝えるのがマナーの一つとなっています。大東市で葬式に参列する場合には、これらの点に注意して参列しましょう。